FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

初めてのビーチ

家から歩いて15分ぐらいで、サーファースのビーチにたどり着く。

DSCF0170.jpg日本では海に遊びに行ったことがなく、
家の前で小さいプールに水入れて、
ぴちゃぴちゃ水遊びぐらいしかしてなかった。
こんなに広い“砂場”と“お水”をみたのは初めて。
ほらビーチだよ、と教えると、
ビィーチィー♪と喜んでいた。


ちょっとおどおどしながら一緒に水の中へ。
波が来てもへっちゃらで楽しんでいたのに、大きな波が来てバシャっと水がかかってしまった後からは、怖がってしまってダメだった。
手をつないで一緒に波の方へ行こうとしても
『もう、お家帰るぅー(泣)』と、砂浜を逃げ回る…。

DSCF0174.jpg

 これは砂浜を逃げ回って波打ち際から遠ざかっていくところ。
←この小さい黒いぽっちがジェシー。



結局その後は水に入りたがらなくて、しかたがなく帰宅。
初めて海に足を踏み入れたにしては、今日は良くできたほうかな。
でも次回はもう少し慣れてくれればいいな。


スポンサーサイト

2005.09.13 10:00 | JESSE | トラックバック(0) | コメント(4) |

引越 日本⇒豪

忘れないうちに。
日本からオーストラリアへの引越について。

ウチの場合、旦那が先に渡豪し私とジェシーは後からだったので、まず、旦那の渡豪と同時に住んでいたアパートを引き払い、私と子供は実家へ引越。家具や電化製品などは、その引越のときにすべて処分。

私たちのオーストラリアへの引越は、郵便局の船便で。
ネットでいろいろ調べたけど、やっぱり郵便局の船便が一番安い。(荷物に大きいなものはなく、全部箱に入るサイズだったので)
郵便局のダンボール特大サイズを10箱購入。1個¥320だったかな。
オーストラリアに送れる荷物の重さは20kgまで。大きさは『長さ1.05メートル、長さと長さ以外の方向に計った最大の横周との合計2メートル』

荷物の内容は、日本食・酒・おもちゃ・デスクトップPC・プリンター・変圧器・衣類、という感じ。
郵便局でもらってきた伝票に、荷物の内容を詳しく表記。
後はもともと付いている保険でカバーできる金額だったので、保険をかけたのはPCの箱だけ。

郵便局に電話をするとピックアップに来てくれるので、重い荷物を沢山えっちらおっちら郵便局に運ばなくても大丈夫。ただ、保険をかける荷物だけは郵便局へ出向かないとダメ。

荷物は2回に分けて送り出したけれど、どちらも大体6週間でこちらに到着。クリスマスの時などは忙しいようで、もっと時間がかかるみたいなので、送り出す時期によってかかる時間が変わってくる。

船便の荷造りと同時に自分で運ぶ荷物の荷造りもした。飛行機に積める荷物の重さは20kg。子供と2人で40kgまでok。重さをチェックしながら荷造りをして、無事完了。でも、出発時に結局荷物が増えてしまい、チェックインした荷物が53kgだった。5kgオーバーまではOKということで、小さい荷物を手荷物にしたら、ちょうど50kgぴったりになり、エキストラ分の料金を払わずに無事チェックイン終了。
★空港まで50kgの荷物を運ぶのは大変なので空港宅急便を使用。これはかなりオススメ。

と、以上こんな感じだったかな。








2005.09.01 10:00 | 引越情報 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。